北友倶楽部
0120-688-595
9:00~18:00 (年中無休、祝日も営業)
メールでのお問い合わせ
LINE無料査定
【人間国宝・加藤土師萌】倣赤織部冠形向付【陶芸家】

【人間国宝・加藤土師萌】倣赤織部冠形向付【陶芸家】

買取した品 【人間国宝・加藤土師萌】倣赤織部冠形向付【陶芸家】
買取した品の種類
買取した住所 東京都世田谷区
買取した日 2021年5月24日

皆様、こんにちは!日々素敵な作品に触れさせていただいております、北友倶楽部です。

今回は、愛知県出身、日本を代表する陶芸家の一人「加藤土師萌 」氏の数ある作品の中から、こちらの倣赤織部冠形向付を買い取らせていただきましたので、是非皆様にご紹介させてください!

まずは、「加藤土師萌 」氏について隅々まで皆さんに知っていただいてから、作品のご紹介をさせていただきたいと思います!早く作品について見たい、聞きたい、知りたい気持ちは分かります!だからこそ、スクロールしたい気持ちも分かります(笑)とてつもなく長く綴る予定ですから(笑)しかし、読み進めていった先で今回の作品の写真を眺める時、きっと今よりもっと、素敵な感情に出会えると思うんです!是非、信じて一緒に彼の歴史を順に追っていきましょう!

1914年に陶芸図案研究会を設立し、作陶と共に熱心に研究に打ち込まれてきた「加藤土師萌 」氏。1927年に第8回帝展初入選をしたことをきっかけに、新文展、日展に出品を続けられ、その後に日本伝統工芸展へと発表の場を移していったそうです。そのまま勢いは止まらず、1937年には【パリ万国博覧会】に出品し、なんと【グランプリ】を受賞されています!サラッと綴ってしまいましたが「え?序盤で、え?」二度見しました(笑)

国内だけにとどまらず、海外で、しかもパリといえば芸術の本場とも言える地で、日本の伝統が、「加藤土師萌 」氏の技術とセンスが認められたとなると、とても誇らしい気持ちでいっぱいです。

これが、芸術家の方々の経歴を調べている時の私の楽しみだったりします(笑)

1940年には日吉にて、筑窯を独立。中国明朝の黄地紅彩を復元なさいます。そして、1951年にその黄地紅彩は【重要無形文化財】に指定されました!復元、大正解ですよね!その後も、休むことを知らない「加藤土師萌 」氏。今度は金襴手・青白磁などの磁器を研究なさいます。本当に陶芸がお好きなのだなぁとビシバシ伝わってきます。これぞまさに、天から選ばれし!と言った【宿命】ですよね。

そして、まだまだここで終わりじゃないんです(笑)

1961年4月27日に、重要無形文化財「色絵磁器」保持者に認定!そう!つまり【人間国宝】に認定されたのです!拍手!その後に、日本工芸会理事長就任や、他、文化財保護審議会専門委員等も歴任され、最終的には東京藝術大学名誉教授とまでなられたお方です。調べれば調べるほど、私も後には戻れない凄まじい勢い!そう、彼の人生の波に一緒に乗っかっているのが分かります。いっきに近代まで連れてきてくれました(笑)

1968年、素晴らしいの一言では言い表せない程の経歴に終止符が打たれ、惜しまれながらであろう生涯を終えます。好きな事をとことん突き詰め、努力を惜しまず、伝統を古く眠らせずに守りぬき、新たなる未来への道も切り開き、最後の最後まで陶芸家としての魂を震わせ続けた「加藤土師萌 」氏だからこそ、日本全国はもとより、世界中に愛され続けたのだと思います。

いかがでしたか?冒頭でお伝えしていた通り、長くなりましたが・・・濃厚で、あっという間だったのではないでしょうか(笑)

改めて、「加藤土師萌 」氏の作品倣赤織部冠形向付をご紹介いたします!

「古田織部」氏が創案したという、桃山時代の赤織部に思いを馳せ、その軽妙洒脱なデザインを受け継いで制作されたのがこちらの作品だとか。

まず目を引くのがこの器の大胆な形と、ユニークなデザインですよね!さすが、パリ万博でグランプリを受賞したことが容易に頷けるような、普通の型におさまらない、でも奇抜過ぎない。だから胸がときめいて、純粋に心をくすぐられるのだと思います。

色合いも絵柄も優しい気持ちになれますし、子供から大人まで見て手に取って楽しめる作品ではないでしょうか。

直接、その目で確かめてみたくなりませんか?そして、あなたの日常に是非迎え入れてみてください♩陶芸を愛し、陶芸に愛された、まさに愛に溢れた作品が、今度はあなたの人生に更に彩を加えてくれるはずです。

こちらは、立つ傷みもなく、総じてとても良好な状態です。

ご興味を持ってくださった方は、いつでもお気軽にご連絡ください♩

 

▼加藤土師萌

(1900年3月7日 - 1968年9月25日)
愛知県出身の日本の陶芸家。
官展・パリ万博でグランプリ受賞するなど、日本伝統工芸展などで長く活躍し、昭和を代表する陶芸家の一人である。
日本工芸会理事長・東京藝術大学名誉教授・人間国宝

 

北友倶楽部では【無料相談・無料査定・無料出張買取】を行っています。

お電話・メール・LINEにて、いつでもお気軽にお問い合わせください♩

北友倶楽部を選ぶメリット

  • 骨董品・美術品を適正価格で買取
    創業20年、経験豊富な鑑定士が在籍しております。最新の美術品市場相場に、業者取引相場を考慮したうえで査定させていただきます。全国に販売ルートを持っている弊社だからこその高額買取が可能です。
  • 無理な買取はしない
    お客様が大切にされいていたお品だからこそご納得された上で買取させていただきます。無料査定を行っておりますので、まずは価値を知っていただき手放す判断材料にして下さい。
  • 他社との比較歓迎
    他社の査定額にご不満の方、相見積りをお考えの方もお気軽にお問い合わせください。骨董品や美術品の出張査定も無料にて行っております。
  • 遺品整理、片付けもできる
    一般の遺品整理、片付け業者が処分品として扱ってしまう物も鑑定士が立合いのもと行う弊社では、買取り対象となる事も多くございます。年間、100件以上の実績がございます。多くのお客様よりご好評いただいております。

買取事例一覧

  • 掛軸 日本画

    【伝・尾形光琳 芙蓉図】江戸時代中期【画家】

  • その他

    【埼玉県鴻巣市・伝統工芸品】鴻巣人形(こうのすにんぎょう)【女物・民芸品】 

  • 陶磁器

    【薩摩焼宗家・十五代沈寿官】薩摩 蜻蛉ティーカップペア【共箱付】

  • 陶磁器

    【人間国宝・吉田美統(よしたみのり)】釉裏金彩泰山木文飾皿【共箱付】

お気軽にご連絡ください

出張費は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。
お見積り・査定料もすべて無料でございます。

受付時間 9:00~18:00(月〜土、祝日も営業)

骨董品・美術品買取

長年の知識、経験を兼ね備えた鑑定士が一点ずつ査定。骨董品、美術品の整理をお考えでしたら、どの様なことでもお気軽にご相談下さい。
出張買取、店頭買取、宅配買取、LINE査定、幅広くご対応致します

旧家・蔵整理

旧家、蔵に収蔵されている多くの品が買取の対象となります。ご先祖様が大切にしていた品物など、どのようなご相談も親切丁寧にご対応させていただきます。北友倶楽部の鑑定士が、お客様がお持ちの品を丁寧に鑑定し、幅広く高額買取致します。

遺品整理・片付け

遺品整理、片付けの専門家が在籍している弊社では骨董品、美術品の買取だけではなく、買取、遺品整理、片付けの全てを自社にて一貫して行う事により、お客様のご負担を軽減できる仕組みを構築しております。
  • 骨董品買取
    骨董品・古美術買取は北友倶楽部にお任せください。鑑定歴40年の経験と専門知識を持った鑑定士が親切・丁寧にご対応させていただきます。
  • 買取方法
    北友倶楽部は全国各地のお客様から買取させていただいております。出張買取・店頭買取・宅配買取からお客様のご要望にお応えして対応致します。
  • 遺品整理
    遺品整理、お片付け、お買取りまで全てお任せください。何社もお問合せをすることなく弊社なら一社で解決いたします。お客様にお手間をとらせません。
北友倶楽部
0120-688-595
9:00~18:00 (年中無休、祝日も営業)
メールでのお問い合わせ
LINE無料査定
TOPへ
電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ
LINE無料査定