北友倶楽部
0120-688-595
9:00~18:00 (年中無休、祝日も営業)
メールでのお問い合わせ
LINE無料査定
藤田嗣治の1920年代作品の鑑定

藤田嗣治の1920年代作品の鑑定

2011年08月29日

藤田嗣治(1886–1968)は日本でもヨーロッパでも人気の画家です。それに伴って贋作も多く鑑定が難しいものもあります。
パリ時代の戦前1920年代後半は、ヨーロッパに渡り自己の作風を確立し認められた得意絶頂の時期にあたります。以下比較のために年代順に3点の作品の眼とサインの部分をあげてみます。

《綿帽子の子供》水彩デッサン サイン「嗣治 Foujita 1927」 カタログ・レゾネ「27.63」

《若い女性》デッサン サイン「嗣治 Foujita」 カタログ・レゾネ「28.54」

《坐る女》油彩 サイン「巴里/嗣治 Foujita 1929」国立西洋美術館蔵

(カタログ・レゾネとは作家の全作品目録をさし、藤田作品の場合は
Sylvie,Dominique Buisson Leonard-tsuguharu Foujita という全2冊の画集です。上記の番号は最初の2ケタが西暦、次の数字がその年の整理番号になります。)
この3作で最も基準になるのは西洋美術館蔵の油彩です。面相筆による鋭く繊細な線描と、その線描を生かす透明な色彩が存分に活躍しています。
対して1927年の子供の線は、他の作と比べるとやや鋭さに欠けますが、これは鉛筆という素材と、大人の女性と子供という描く対象の違い、またおそらく写生の際に描きなおしながら進めたことが、線の性質の違いを生んでいると思われます。
その中間が1928年のデッサンです。
この違いは鑑定の際に鑑定家により意見が別れる場合が出てきますが、むやみに一人の画家の決まった特徴を紋切り型にあてはめるのでなく、この場合は一人の作家の創作行為の幅の広さと見たほうがよいでしょう。

北友倶楽部を選ぶメリット

  • 骨董品・美術品を適正価格で買取
    創業20年、経験豊富な鑑定士が在籍しております。最新の美術品市場相場に、業者取引相場を考慮したうえで査定させていただきます。全国に販売ルートを持っている弊社だからこその高額買取が可能です。
  • 無理な買取はしない
    お客様が大切にされいていたお品だからこそご納得された上で買取させていただきます。無料査定を行っておりますので、まずは価値を知っていただき手放す判断材料にして下さい。
  • 他社との比較歓迎
    他社の査定額にご不満の方、相見積りをお考えの方もお気軽にお問い合わせください。骨董品や美術品の出張査定も無料にて行っております。
  • 遺品整理、片付けもできる
    一般の遺品整理、片付け業者が処分品として扱ってしまう物も鑑定士が立合いのもと行う弊社では、買取り対象となる事も多くございます。年間、100件以上の実績がございます。多くのお客様よりご好評いただいております。

お気軽にご連絡ください

出張費は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。
お見積り・査定料もすべて無料でございます。

受付時間 9:00~18:00(月〜土、祝日も営業)

骨董品・美術品買取

長年の知識、経験を兼ね備えた鑑定士が一点ずつ査定。骨董品、美術品の整理をお考えでしたら、どの様なことでもお気軽にご相談下さい。
出張買取、店頭買取、宅配買取、LINE査定、幅広くご対応致します

旧家・蔵整理

旧家、蔵に収蔵されている多くの品が買取の対象となります。ご先祖様が大切にしていた品物など、どのようなご相談も親切丁寧にご対応させていただきます。北友倶楽部の鑑定士が、お客様がお持ちの品を丁寧に鑑定し、幅広く高額買取致します。

遺品整理・片付け

遺品整理、片付けの専門家が在籍している弊社では骨董品、美術品の買取だけではなく、買取、遺品整理、片付けの全てを自社にて一貫して行う事により、お客様のご負担を軽減できる仕組みを構築しております。
北友倶楽部
0120-688-595
9:00~18:00 (年中無休、祝日も営業)
メールでのお問い合わせ
LINE無料査定
TOPへ
電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ
LINE無料査定